リピーティングで効率的にスピーキングとリスニングを鍛える方法と使えるサービス紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リピーティングとは英語や英文を聞いたあとに、それをそのまま自分の口でもう一回復唱するトレーニング方法です。

ネイティブと英語を話す機会が少ない日本人にとって、ネイティブの音源を聞きながら行うリピーティングの効果は高く、リスニングはもちろんのことスピーキングの向上にも非常に役立ちます。

このエントリーではリピーティングの効果と効率的な方法を紹介します。

目次

  • リピーティングとは
  • リピーティングのこれまでの歴史
  • リピーティングで伸びる英語4技能
  • リピーティングの効率的な方法
  • リピーティングができるサービス、アプリ

リピーティングとは

リピーティングとは、聞いた英語の音声をもう一度自分の口で復唱する英語の学習方法です。

リピーティングはリスニング力向上に効果があるとされます。また、ネイティブの音声を繰り返し真似することで、英語独特のイントネーションの習得に役立ちます。

また、リピーティングは音源と発話できる環境さえあれば、独学でも学習できるため、学習者にとっては取り組みやすい英語勉強法といえます。

リピーティングとシャドーイングがよく混同されていますが2つは大きく違います。リピーティングではシャドーイングと違い一度完全に音声を聞き終えてから発話を始めます。

リピーティングのいろいろ

リピーティングには大きく2つの種類があります。

リピーティング

リピーティングは教材を見ながら音声を聴き、1つの英文を聴き終わったら音声を止め、テキストを見ながら音読する英語学習方法です。今回紹介するのは主にこのリピーティングになりますが、次に紹介する暗唱リピーティングや、オーバーラッピングといわれる方法も同様に効果が高く、同じサービス上でそれぞれ対応できるので、おすすめです。

暗唱リピーティング

暗唱リピーティングは、教材を見ながら音声を聴き、1つの英文を聴き終わったら音声を止め、テキストを見ないで暗誦する英語学習方法です。英文を短期記憶に収めることを繰り返すので、英語を記憶に保持する力が高まります。

この保持する力は非常に重要で、日本語でできても英語でできなかったりするのでぜひお試しください。保持できればできるほど、相手の言ったことを反芻する機会が増え、加速度的に理解力と学習力が高まっていきます。

リピーティングで伸びる英語4技能

リピーティングでは英語4技能のうち主に、リスニング、スピーキングが伸びます。

具体的には、リスニングでは細かい音の聞き分けが可能になります。これまで自分がどんな音を聞き逃していたか、明確に把握できるようになります。

例えば、最もよくある例では

can
can’t

の聞き分けができるようになります。”t”をほとんど発音していないようで実は、微妙に違う発音をしているなど、リピーティングで自分が復唱するときに気づくことになります。

また、それに加え英文を短期記憶しておく能力が向上するため、相手の言ったことを反芻する機会が増え、加速度的に理解力と学習力が高まっていきます。

一方スピーキングでは、ネイティブのイントネーションを真似することでより自然なイントネーションを身につけることができます。

英語では、単語ごとの発音も重要ですが、一文を通じたイントネーションが大切です。イントネーションが一般的なイントネーションと合っていれば、騒音で聞き取りにくい場所でも正しく意味を伝えることができます。なぜならイントネーションを通じて相手がある程度補足して文を聞き取る事ができるからです。

言語で会話する際に、人間はかなりの部分を脳内で補完します。そしてその補完は経験をもとに行われます。一般的なイントネーションを使うことで相手側の補完能力を利用できるのです。

また、リスニングとスピーキング両方にとって重要な英語のリズムも習得できます。イントネーションとにていますが、英語にはリズムがありそのリズムがわからないと、聞き取れず何を言っているのかちんぷんかんぷんになります。逆にリズムのおかしい英語を話すと、ネイティブのリズムに慣れている相手にとっては、逆にちんぷんかんぷんになってしまうのです。

リピーティングはこれらの特性から、本当に英語を話せるようになる、英語を使って何かを理解する・そして伝えるためには欠かせない英語学習方法と言えます。

リピーティングの効率的な方法

先程紹介したように、リピーティングと暗唱リピーティングの2つの方法があります。こららの方法の使い分けと更にもう少し具体的なリピーティングでの英語学習方法を紹介します。

まず、英語の学習のハードルとして、「難しさ」があります。逆に成功の法則として、「継続」があります。これらを考えたリピーティングでの英語学習方法を考える必要があります。

リピーティングも最適な難しさ継続しやすい方法で取り組めば、それだけ長くたくさん英語学習ができ、英語の習得が進みます。

最適な難しさとは

リピーティングの難しさは2つあります。

  1. 英文の難しさ
  2. 音声のスピードの難しさ

の2点になります。

まず、英文の難しさですが、リピーティング、暗唱リピーティングでは音声で聞いた文章を復唱するわけですが、この文章の中に知らない単語がいくつも入っているようでは、難しすぎると言えます。

リピーティングの目的は、聞き取れるようになること、イントネーション・リズムをつかみそれを発話できるようになることなので、語彙や構文などまで詰め込むべきではありません。

また、イントネーションやリズムが生まれない短文では意味がないということもわかるかと思います。

つまり、

リピーティングで使う英文は、現在の語彙力・構文理解で一発で簡単に理解できる英文で、イントネーションやリズムが発生する程度には長い文章

が最適な難しさの英文となります。

次に、音声のスピードの難しさですが、聞いてみて相手の言っていることが8割以上はわかる程度の音声が望ましいスピードです。

音を聞いて全く理解できない、というような場合はまず難しすぎるのでその課題は避けましょう。繰り返しますが、リピーティングはリスニング力の向上と発話するときのイントネーション・リズムを身につける目的で行います。ある程度理解出来ないとそもそもその段階に行き着きません。

まとめると

英文の難しさは、現在の語彙力、構文理解で一発で簡単に理解できる英文で、イントネーションやリズムが発生する程度には長い文章。 

音声のスピードは、はじめて聞いてみて8割は理解できるようなスピード

となります。これらを満たす教材に取り組むことで、無理なく続けることができるようになり、リピーティングによりリスニングとスピーキング力を効率よく高めることができます。

実際のリピーティング方法

リピーティングも暗唱リピーティングもおおよそ進め方は同じなので、今回はまとめて説明します。

以下の2つのステップでリピーティングは成り立ちます。

  1. 単語単位で音を止めながらリピーティング
  2. 一文を通してリピーティング

いきなり全文をリピーティングするのは難しいので、一文を可能な限り短く分解してリピートしていきます。

できれば単語毎ですが音声によっては、リンキング(単語同士をひと繋がりの音で発音する)が強かったりするなど、なかなか分解できない場合があります。そういった場合は気にせずそのリンキングしている状態を一単位として、リピーティングしましょう。

一通り最小単位の音でリピーティングができるようになったら、それぞ徐々に伸ばしていきます。

1単位を2単位、3単位の音に増やしていき最終的には一文を一度にリピーティングします。

以上のステップを踏んで、短い音から徐々に音を長くしていくことでリピーティングのハードルをさげ、より効率的に無理なくトライできるようになります。

リピーティングの効果最大化

リピーティングの効果を最大化する方法があります。これをやるのとやらないのとでは効果に雲泥の差が生まれるのでリピーティングする場合には必ず行って下さい。

リピーティングの効果を最大化するためには、

自分が話す音声を録音し聞き直す

が必須となります。

自分の発話をお手本の音声と聴き比べることで、不自然なポイントや至らないポイントが明確になります。この振り返りがリピーティングの効果を高め、リスニング、スピーキングの能力が劇的に向上します。

学習者には自分のスピーキングの評価はできないと思われるかもしれませんが、違います。

学習者は英語に関して圧倒的に「耳」が先に育ちます。理由は簡単で、インプットのほうがアウトプットより先行して蓄積するからです。

このため、言えないにもかかわらず、その発話がいいか悪いかジャッジは可能なのです。いわば自分で自分の先生ができる状態にあるのです。

この自分の中に存在する能力ギャップを利用することで、リピーティングの効果を効率的に(無料で)最大化することができるのです。

リピーティングができるサービス、アプリ

実際にリピーティングができるwebサイト、アプリそれぞれ多くあるので、その中でも人気のものを紹介します。

リピーティングできるwebサービス

初級者向け

NHK 基礎英語1 ドリル

圧倒的にNHKの基礎英語1が最高の教材です。

ネイティブのきれいな発音+圧倒的に信頼できるコンテンツの正確さ。これにまさるリピーティング教材はなかなかありません。

基礎英語1のラジオストリーミングのドリルタブがおすすめです。 ぜひお試しください。

英検のリスニング教材

英検向けのリスニング教材もおすすめです。多岐にわたる内容で、かつ聞き取りやすい音声となっているのでいろいろなイントネーションにふれる事ができます。

上級者向け

Netflix, Hulu, amazonプライムなどで見れる海外ドラマ

海外ドラマは鉄板ですね。ただし、ドラマのタイプによってはイントネーションや言い回し、出てくる語彙がかなり偏るので注意が必要です。

例えば、Braking bad などは、、、どうでしょうか、、あまりいい教材とは言えないかもしれません。ドラマとしては私は好きでしたが。笑

リピーティングにおすすめは Designated survivor ですね。結構硬い表現も多いですが発音がきれいで良いです。スピーチ的な場面もあり聞きやすさ重視のシーンなどリピーティングにはもってこいですね。

TED Talk

新しい斬新なアイディアをプレゼンテーターが発表する場を提供するTEDが提供する字幕付きの動画はリピーティングに活用できます。簡単なものからかなりハイレベルなものまであるので、教材のレベルはよく選ぶ必要がありやや手間ですが、話の内容は類を見ないほど面白くのめり込めます。

リピーティングできるアプリ

ポリグロッツ

いろいろなテキストコンテンツを読み上げ機能付きで展開している超優秀なアプリ。コンテンツのレベルを調節も可能なので、リピーティングの教材としておすすめです。

REAL英会話

英語系アプリで、アップストアでずーっと上位にいるマンモスアプリです。こちらのアプリでは様々な言い回しが取りまとめられており、音声がついているためリピーティングの教材としても活用できます。

まとめ

以上リピーティングを効率的に行うための方法と利用できるサービスの紹介でした。英語は継続した学習・使うことが重要です。リピーティグのように発話を毎日繰り返すこともその一つです。

しかし、いつも声を出してそしてそれを録音できる環境があるわけではありません。そこで弊社では少なくとも「英語を使う」かつ「添削もしてもらえる」環境を24時間予約なしで利用できるサービスを提供しています。

無料トライアルもあるのでぜひお試しください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。