英文添削アイディーを体験レビュー!英国院生が評判を確かめてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
英文添削アイディーを体験レビュー!英国院生が評判を確かめてみた-min

英作文の添削を安価できるサービスは限られており「英文添削アイディー」や「フルーツフルイングリッシュ」をよく見かけます。

中でも、英文添削アイディーは、166円~という圧倒的なコスパを掲げ、サービスの質も申し分なしという素晴らしいサービスを提供しているという評判が後を絶ちません。

では、実際はどうなのか?本記事では、英文添削アイディーの特徴や料金体験を徹底調査し、実際にイギリス大学院で修論を修めた筆者が体験レビューをしてみます。

 

英会話力・英作文力を鍛えるおすすめサービス3選
 
 
▷一回166円~24時間いつでもどこでも添削可能。今なら1200円分無料!
 

ここがポイント!

英文添削のアイディーは安さがウリの24時間英作文添削・校正サービスです。添削定期券を利用すれば1回あたり166円で添削ができます。講師陣の中には英語教育に精通しており、政府機関や外資系企業での教師経験を持つ方がおり、ネイティブではないですが、英語初心者に寄り添った質の高いサービスを提供をしていることが見受けられます。

 
 
 
▷英作文の練習・添削だけじゃない。スピーキングも学習できる!
 

ここがポイント!

ベストティーチャーでは、50か国以上のバラエティ豊かな講師人が在籍しており(ネイティブ講師もいます)、24時間のオンライン英会話レッスンを提供しています。 おすすめポイントはライティングでのレッスンのあと、スピーキングのレッスンが受けられることです。ライティングとスピーキング両技能伸ばしたい方にはうってつけです。

※自分が持ち込んだ英文を添削するサービスではありません

 
 
 
▷英文添削から実践トレーニングまでこれ一本!
 

ここがポイント!

Eigooo!は他のアプリと違い、レッスンという概念がなく、添削に回数制限がありません(無料版はあり)。また、20カ国以上の国と地域出身の講師がいます(ネイティブ講師の在籍)。 24時間いつでもどこでも、個性豊かな講師と、友人との会話のように楽しくチャット英会話をすることができます。


 

初心者におすすめ英作文添削サービス3選
 
英文添削アイディー
 
▷24時間いつでもどこでも即添削。今なら1200円分無料添削キャンペーン実施中!
費用/月1回の添削あたり再安価166円~
受付時間帯
24時間365日
講師の国籍ネイティブもしくは日本人バイリンガル講師(値段は変わらず)
教材3000以上の無料英作文課題
 
ネイティブキャンプ
 
▷何回受講しても定額6,480円で英会話を学びながら直接英作文も添削指導!
費用/月6,480円(即時レッスン開始&受け放題)
受講時間帯
24時間365日
講師の国籍ネイティブ含む120ヵ国以上
教材通常の4倍速で英語脳を鍛えるカランメソッド
 
Eigooo!
 
▷無料体験付き英会話チャットEigooo!で楽しく英作文力を鍛える!
This image has an empty alt attribute; its file name is Eigooo-min-1-1024x514.png
費用/月使い放題プラン月額2,786円~(どれだけチャットしても1日あたり135円以下)
受講時間帯
24時間365日
講師の国籍ネイティブを含む多国籍講師が在籍
教材毎日更新する問題あり
 

英文添削アイディー6つの特徴とは?

英文添削アイディー特徴

英文添削アイディーは、たった166円~で、24時間いつでもどこでも世界中の英語プロフェッショナル(専門家やネイティブ)からの英文添削が受けられるサービスです。

英検やTOEIC、TOEFL、IELTSなど資格取得に必要な英作文学習から、日常的な英語学習、ビジネス英作文まで幅広く添削を受けられます。

次に英文添削アイディーの6つの特徴を紹介します。

選べる2種類「お手軽添削」か「学べる添削」

英文添削アイディーには、2種類の添削方法(「お手軽添削」と「学べる添削」)があります。

また、ネイティブか英語専門家のどちらに添削してもらいたいかを決めることができます(添削方法によって料金は異なるのですが、ネイティブでも英語専門家でも料金が変わらないのはすごいところ)

お手軽添削

お手軽添削は、英作文の単語スペルや文法のチェックだけでなく、「ネイティブにとって伝わりやすく不自然のない」正しい表現かを確認してもらえます。詳細なフィードバックはなく、何が違うのかをシンプルに教えてもらえることで、スピーディかつ安価で利用できる添削です。

こんな方に最適

  • 安価でネイティブチェックしてもらいたい方
  • 解説はいいからなるべく早く添削をしてもらいたい方

学べる添削

学べる添削は、お手軽添削のサービス内容に加えて、詳細な解説があります。さらに、英作文を入稿する前に、講師へ2件まで質問が可能です。

こんな方に最適

  • ライティング力を底上げしたい方
  • ライティング系の資格試験を控えている方

7種類の添削方法と課題

英文添削アイディーは、7種類の添削方法と課題を用意しており、様々なニーズに答えられるサービスを提供しています。

  • 持ち込み英文添削
  • 英語日記課題添削
  • 日替わり英作文課題添削
  • 自由英作文課題添削
  • 和文英訳課題添削
  • 写真描写課題添削
  • 英文Eメール課題添削

さきほど、「お手軽添削」か「学べる添削」かによって値段が変わるとお伝えしました。加えて、次に紹介する7つの添削方法と課題によっても値段が変わってきます。

1回166円~添削可能(しかも1200円分無料体験あり)

英文添削アイディーの一番の特徴はその「安さ」にあると思います。筆者は英国院で修論提出のために英文校正サービスを漁りまくりましたが、英文添削アイディーは調べた中でも業界最安価水準です。そして、今なら「1200円相当分の無料添削あり」です。

≫詳しくは英文添削アイディーのサイトで見る

優秀なネイティブや日本人講師陣

英作文を入稿する前に「ネイティブ」か「英語専門家(日本人)」のどちらに添削依頼をするか選択できます。一般的にネイティブに依頼すると費用が高くなると思われがちですが、アイディーはどちらを選択しても料金に違いがありません。

どちらにも違ったよさがあると言うのは間違いないですが、同一価格なのはバイリンガル英語専門家もネイティブ並みの高品質な添削サービスを提供していると言えます。

24時間365日いつでもどこでも利用可能

次に24時間365日いつでもどこでも英文添削ができるのはアイディーの大きな特徴です。世界中に英語専門家もネイティブもいるからできることでしょう。

また、アイディーは Apple storeとGoogle store でアプリ版を出しています。アプリで手軽に添削ができるのは他の添削サービスにはない強みです。ゲーム感覚でアプリを開いて入稿ができます。

3000問を超える英作文練習問題あり

英作文を学習している方は感じたことがあるかと思いますが、「意外とネット上に英作文練習用の問題が少ない」という問題。

英文添削アイディーは、ログイン登録するだけで3000問が無料で見放題です。書いたものを添削するのは別途料金がかかりますが、独学で勉強したい方にはうってつけです(以下の記事で英国院生が独学で英作文添削する方法をまとめています)。

≫英語添削・英作文添削の方法|上達の王道・おすすめサービス3選【厳選】

英文添削アイディーの価格・料金体系は?

英文添削アイディーの価格・料金体系は2種類あります。ポイント支払い制度(都度利用プラン)と定期券支払い制度(定期利用プラン)です。どちらにも良さがありますが、目的によっておすすめが異なるでそれぞれ詳細に説明していきます。

ポイント支払い制度(都度利用プラン)

ポイント支払い制度(都度利用プラン)は、文字通り、お金でポイントを購入し、添削時にポイントを消費するシステムになっています(無料体験で貰える1200円相当分(100ポイント)は都度プランで利用可能です)。つまり、必要な額を必要な時に支払えます。

先ほどからお伝えしていますが、「お手軽添削か学べる添削か」そして「添削の7種類」によって、料金(ポイント)が異なります。次の表をご覧ください。

お手軽添削 お手軽添削 学べる添削 学べる添削
英文の種類日替英作文課題英語日記課題自由英作文課題和文英訳課題持ち込み英文添削写真描写課題英文Eメール課題日替英作文課題英語日記課題自由英作文課題和文英訳課題持ち込み英文添削写真描写課題英文Eメール課題
1単語あたりのポイント数(日本円換算)0.8pt(約7.83円)1.2pt(約11.75円) 1pt(約9.79円) 1.5pt(約14.69円)
≫詳しくは英文添削アイディーのサイトで見る

定期券支払い制度(定期利用プラン)

一方で、添削定期券制度(定期利用プラン)は、購入から30日間、1日1回毎日添削サービスを利用できる定期券です。毎日英作文をする方には間違いなくうってつけのサービスです。定期券は4種類あります。次をご覧ください。

お手軽定期券 お手軽定期券 学べる定期券 学べる定期券
ライトスタンダードライトスタンダード
日替英作文課題英語日記課題自由英作文課題和文英訳課題利用可利用可利用可利用可
持ち込み英文添削写真描写課題英文Eメール課題利用可利用可
価格(1日1回50単語まで)¥4,980(税込¥5,478)¥166 (税込¥183)/1回¥7,500(税込¥8,250)¥250 (税込¥275)/1回¥6,980(税込¥7,678)¥233 (税込¥256)/1回¥9,800(税込¥10,780)¥327 (税込¥360)/1回
価格(1日1回100単語まで)¥8,900(税込¥9,790)¥297 (税込¥327)/1回¥11,900(税込¥13,090)¥397 (税込¥437)/1回¥12,300(税込¥13,530)¥410 (税込¥451)/1回¥14,980(税込¥16,478)¥499 (税込¥549)/1回
≫詳しくは英文添削アイディーのサイトで見る

英文添削アイディーを無料登録する方法

オンライン英会話とかはそうですが、無料登録がめんどくさいなんてことはありません。英文添削アイディーは、次のたったの2ステップで1200円相当分の添削が可能です。クレカの登録とかは一切ありません。

  1. メールアドレスとパスワードを設定
  2. ログインしてプロフィール設定すれば添削可能に

それぞれ画像とともに紹介します。

メールアドレスとパスワードを設定

メールアドレスとパスワードを記入してください(両方とも後から変更することが可能です)。

ログインしてプロフィール設定すれば添削可能に

右上の人型アイコンをクリックし、プロフィール設定を選択。プロフィール変更画面で名前を漢字とフリガナで登録すれば添削が可能になります。

≫詳しくは英文添削アイディーのサイトで見る

英文添削アイディーを実際に使ってみた

ログインが簡単にできたので付与された1200円相当のポイント(100pt)を使って、実際に添削をしてもらいました。今回は「大学院時代に送ったメール」を添削して見たいと思います。ログインしホーム画面の中央にある「利用開始」を押して添削してもらう原稿を入稿していきます(シンプル設計過ぎてわかりやすい)

原稿を設定する

英文の種類(ご利用サービス)

前述した7つの添削方法と課題を選択する画面がでてきました。英文メールを添削してもらうのですが、「課題ではない」ので「持ち込み英文」を選択します。

添削設定

がっつりフィードバックが欲しいので、「学べる添削」を選択し、次に進みます。

担当講師設定

次に英語専門家かネイティブを選択する画面が出てきました。大学に送信する用の英文メールチェックなので、「ネイティブ」を選択します。

原稿を作成する

原稿タイトルと英文を入力する画面が出てきました。大学院時代に書いた渾身の英文メールを入力してみます。

講師を選択する

ネイティブを選択しましたが、「誰に添削してもらうか?」を選択できるようです。特にこだわりがなかったので、72時間以内に「UK英語」「ビジネス英語」の添削が可能な方を選択しました。

オプション設定をし、投稿

次に実際に戻ってきた添削の感想・レビューをしていきます。

≫詳しくは英文添削アイディーのサイトで見る

英文添削アイディーを使ってみた感想・レビュー

添削依頼までがとても簡単で指示されるままに「ボタンをぽちぽち」していくだけで、あっという間に入稿完了していました。3分くらい?もかからなかったかと思います。「72時間以内に添削完了」と書いてあったので、気ままに待とうとしたところ、、、

まさか24時間以内に帰ってくるとは思いませんでした。この時点で満足度は高い。それでは実際に感想・レビューをしていきます。

添削期間は3日ではなくわずか24時間以内

正直、「即時添削できない時点で急を要する英文メールを書くビジネスパーソンには」は需要がないかなと感じていました。やはり添削期間が早いのはとてもありがたいです。

24時間が遅い!と感じる方や、急な英文メールを要するビジネスパーソン向けに、アイディーは3時間で添削可能なビジネス向けサービスを展開しています。そちらを利用した方がいいですね。

≫最短3時間で納品!ビジネス英文校正は「アイディービジネス」

おそらく、全ての講師が予定時間より早く納品というわけではないし、添削してもらう文字数などにもよるかと思いますが、基本的には24時間~72時間以内と考えていいと思います。ただ、1週間の添削・校正期間を要する英文添削サービスもあるので、なかなか早い方だと感じます。

満足度の高い添削結果と丁寧なフィードバック

正確なあて先がわからなかった英文メールだったので「To whom may it concern」と冒頭に書いたのですが、丁寧に「To whom may it concernとはこういうときに使うんだよ!」とか「他にはDear Sir/Madamという表現があるよ!」と教えていただきました(海外大学進学に必要な推薦状の冒頭に書く「To whom may it concern」のフォント体まで、、すごい)。

また、英文メールに必須な結びの文章「Regards」や「Sincerely」「Kind regards」などについて、「誰向けかわからないのにKind regardsはちょっと愛情が強すぎる。Thanksで十分」というフィードバックをいただきました。

「そうなの!?」というネイティブしかわからない英文のニュアンスを知ることができ、まさに目から鱗でした。

語彙力・表現力アップにも最適

丁寧なフィードバックだけでも既に大満足なのですが、語彙力・表現力アップにも最適でした。

例えば、自然な形になるように3つほど似た意味になる英文を書いてくれたり、提出した原稿に補足表現をくださりました。添削のただフィードバックをもらうだけでなく、「ああ、確かにそういう言い方もあるか!」とたった85文字なのに気づきと学びが多すぎました。

英文添削アイディーはどんな人に向いてる?

英文添削アイディーを徹底調査し実際に添削サービスを受けてみて、次に当てはまる方は間違いなく向いています。

  • 英作文のアウトプットをとにかくしたい方
  • 資格試験の勉強・対策をしたい方
  • ネイティブチェックを受けたい方

英作文のアウトプットと質の高いインプットを交互にできるだけで、英作文力は確実に底上げできます。そういった意味では、資格試験の持ち込み添削もできるので、IELTSやTOEFLなど海外進学・留学・転職を目指す方にもうってつけです。

英文添削アイディーはどんな人に向いていない?

一方で、次に当てはまる方はこちらの「一般向け」英文添削アイディーは向いていません。

  • いまずぐ添削が欲しい方

私が実際に使ってみて24時間以内に添削が戻ってきたとはいえ、スピーディなメールの応答などが求められるビジネスパーソンには今回のサービスは向いてなさそうです。

とはいえ、1200円分(メール一回分)は無料で添削が可能なので、「学べる添削」よりも安い「お手軽添削」で利用してみることをおすすめします。

もっと早く(3時間で戻ってくる)そしてビジネスに特化した添削なら「ビジネス添削アイディー」をおすすめします。

≫最短3時間で納品!ビジネス英文校正は「アイディービジネス」

まずは無料登録して1200円分使ってみよう

実際に使ってみた感想とレビューをしてみました。英語学習者からの評価通り、「ライティングをがんばりたい全ての方におすすめしたい」サービスでした。

自分が大学院進学前に知っていたら「間違いなく使っていたな」と。そして、IELTSライティングをもう少し簡単にクリアできたかと感じます。

簡単に登録できる(クレカ登録なし)上に、1200円分の無料添削ができます。手元に添削したいと少しでも思っている英作文があれば一度お試ししてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。