【相場・価格・期間比較】英語コーチングを活用して短期間で英語が話せるようになる勉強方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なんちゃって英語勉強方法をススメている記事が多いので、正直ちょっと辟易(へきえき)している。そんな英語学習者の皆さん。その気持よくわかります。僕もそうです。

今回は、本気で短期間で英語を(超速で)使えるようになるサービスを紹介します。

今回の記事は、お金はかけてもいいから短時間で英語をビジネスレベルまで叩き上げる必要があるビジネスパーソン向けにまとめています。

英語の学習費用をある程度会社経費で払ってもらえる。

そんなポジショニングにいる方々向けの内容になりますので、ある程度の金額をかけられることを前提にしています。

そのかわり、将来的に英語を使う機会は確実に保証されており、英語の出来不出来で報酬やリターンが大幅に変わってしまう立場にいる英語的には崖っぷちな方向けです。

逆に、英語をものにできていればそのリターンは大きい、そんな方向けのエントリーです。

今回紹介するサービスは月額15万円(おおよその相場)程度です。この予算がきついなという場合は、このエントリー対象ではないので、以下のエントリーへどうぞ。無料で(ある程度時間がかかるかもしれないけれど)勉強できる方法をまとめています。

【基礎からじっくり】初心者が効率よく英語を上達させるための9の勉強法

最速の英語習得方法は、ひたすら英語を勉強すること

まず、大前提としてひたすら英語の勉強をすることが、短期間で英語を使えるようなる方法です。

極論、毎日10時間の英語の勉強を1ヶ月間続ければそれだけでかなりのレベルになることは間違いありません。

当たり前なのですが、1時間で英語のすべてを理解し使いこなせるわけがありません。具体的に何時間勉強すれば英語をできるようになるかという議論は一旦置いておきますが、

連続した期間で、多量の学習を重ねる。

という条件を満たすことが英語を短期間で使える、もしくは英語を話せるようになる最低条件です。

たとえば毎日3時間の英語の勉強を2ヶ月間継続するだけでかなりのレベルまで到達できることを保証します。

毎日3時間×2ヶ月(60日間)=180時間

です。なかなか高いハードルですね。

具体的に時間配分を見てみましょう。たとえば以下の1日を過ごしたとします。

  • 朝起きて30分間単語暗記系。
  • 通勤時に30分リーディング系。
  • お休憩時に聞き流し系を30分。
  • 帰宅後に英会話を2コマで1時間。
  • 就寝前にディクテーションで30分。

これでやっと合計3時間です。結構大変そうですね。

英語学習の最大のハードルは毎日続けること

では、今日から実際に英語の勉強を始めてみたとします。

1日目はやる気もあり、先程立てたプランを完遂できるでしょう。
2日目、昨日の復習も踏まえ達成できるかもしれません。
3日目、やり気はありましたが、突然、友人との会食が入りました。英会話ができませんでした。【終】

・・・簡単に失敗する未来が見えてきますよね。
予期せぬ予定、そもそも忙しい、そして魅力的なスマホという娯楽の塊。

あたりまえですが自分を律して毎日3時間もの時間を英語に集中して取り組むのは並大抵のことではありません。

そして、毎日3時間勉強できる時間を確保できたとして一体何をどのように進めていけばいいのかを考えるのも相当なハードルになります。

180時間分の英語をマスターするに足る勉強内容を自分で考えることができるでしょうか?

解決すべき2つのハードル

英語を短期間で勉強する際には以下の2つがハードルに鳴ることは、ここまでで理解できたかと思います。

  • 毎日3時間の英語勉強時間を確保する。
  • 毎日3時間の効率の良い英語の勉強方法を積み上げていく。

シンプルであるがゆえに簡単には解決できない大きな問題といえます。

つぎの章では、これら2つの問題を解決する方法・サービスを紹介します。

2つの課題を解決する英語コーチング・パーソナルトレーニングという手法

英語コーチング系のサービスが、短期間で英語を使えるようになる際の2つの課題を解決してくれます。

英語コーチングサービスとは、サービス利用者が英語を使える様になるために、プロの学習コンサルタントが顧客専用のカリキュラムを作成し、成果が出るまで徹底的に英語の勉強をサポートしてくれるサービスです。

英語コーチングサービスでは、実際の英語学習のコンテンツを自前で持っているいないはサービスに関係があまりありません。独自のコンテンツを持っているところももちろんあり、それを売りにしているところもありますが、基本は「英語を学習するノウハウ」と「継続して物事に取り組むモチベーションを管理するノウハウ」を突き詰めたサービスとなります。

つまり、英語コーチングサービスとは、短期間で英語を勉強するために、大量の英語学習の時間を確保させ、学習者専用の効率のよい英語勉強方法をコーチングしてくれるサービスなのです。

コーチング系サービス一覧

ちまたには多くのコーチングサービスがありますので、一覧にしてまとめておきます。

8つの英語コーチング系サービスの料金比較&相場比較

一旦金額順に比べてみています。1ヶ月換算するとおおよそ10〜18万円以内になっていますね。

期間金額1ヶ月換算入会金
PRESENCE(プレゼンス)2ヶ月19.8万9.9万なし
Traiz(トライズ) 1年11万5万
Progrit(プログリット)2ヶ月32.8万16.4万5万
ライザップイングリッシュ2ヶ月32.8万16.4万5万
レアジョブ本気塾2ヶ月35万17.5万5万
Alugo(アルゴ)2ヶ月37.8万18.9万なし
Sparta(スパルタ英会話)3ヶ月45万15万5万
English company(イングリッシュ・カンパニー)3ヶ月49.5万15万5万

一般的に英語コーチングやパーソナルトレーナーのサービスを提供するところは2−3ヶ月間のサービス提供で、35万円前後、高くても50万円程度の予算感になるようですね。

以上、英語学習的に崖っぷちにいるビジネスパーソン向けの短期間で英語を習得できる、英語コーチング系のサービスの紹介でした!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。