英会話アプリ6選比較!英語が話せるようになるおすすめサービス【2020年最新版】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アプリで英会話を勉強している人に、おすすめの英会話ができるアプリ・サービスを解説します。

今回は、20個ほどの英会話アプリを試してみた結果6つまで厳選しました。自分の学習環境に合わせて、おすすめアプリを選んでみてください。

英語の初心者から上級者向けの英語学習アプリや、英語の発音まで練習できるアプリの中から特にコミュニケーション・英会話ができるアプリを集めています。いままで英会話といえば、NOVAの駅前留学やベルリッツなどマンツーマンでやるものが多かったのですが、現在ではアプリ上で英語の先生と英会話が出来るサービスが増えてきています。ぜひ、今回の5選からお気に入りの英会話アプリを見つけていただき英語を話せるようにマスターしてほしいです!


コミュニケーション・英会話ができるチャット英会話アプリ


1. Real英会話

iPhone ¥980

英会話をアプリで勉強したいと思ったらReal英会話で十分といっても過言ではないですね。かなり長いことずっとApp Storeのランキング上位にいることからもその人気っぷりが見受けられます。

Real英会話の特徴としては、豊富な日常英会話がネイティブによる音声英語で収録されているところです。

カジュアルな英語を学ぶならおすすめですね!

しかも、iPhoneのマイクを使って自分の英語の発音をチェックできる「スピーキング」も用意されているので、まるでネイティブの講師に教わっているかのような感覚で英会話を学習できます。英会話に必要な最低限の発音をマスターするのに便利な機能です。

今回紹介する英会話学習アプリの中で唯一有料アプリですが、学べる英会話フレーズの多さや発音強制機能などお値段以上のアプリです。アプリで英語を話せるようになりたいという方はぜひ使ってみてください!

2. RedKiwi – レッドキーウィ

iPhone ¥0
Android ¥0

みなさん、ディクテーションという英語勉強方法を聞いたことはありませんか?

ディクテーションとは聞き取った英文を、聞き取ったまま書き取るというシンプルな勉強法です。このディクテーションという英語の勉強方法により、自分がどれだけ正確に英語を聞き取れているか、またそれを再現できるかどうか効率的に確認、そしてその能力を高めることができます。

英語の勉強では、ディクテーションさえしておけばいい、なんて言う人もいるぐらい効率的な勉強方法とされています。実際、僕もこの方法での勉強をおすすめします。かなり有効です。

RedKiwiではYoutubeの動画をもとにしたディクテーションの勉強ができます。動画は、映画のトレイラーや公式に公開されているものを使っており見ていて楽しいコンテンツが多いです。

RedKiwiでは、書き取りではなく、英単語を選択していく形式になっているので、本当のディクテーションよりやや簡単な印象を受けますが、自分でタイピングしするのと比較して、選択だけであれば、取り組みやすく気軽にできるので、初心者からでも気軽に始められる英語学習アプリです。

また、単語選択以外にも、自分で発音し録音する機能もあり英会話の練習もできるすぐれものです。

課金ポイントは、1日で見れる動画の量(時間)の上限を取り払うために課金を求められます。1日に熱中してたくさん取り組みたい人は課金して毎日ちょっとづつでもいいという人は無料でする。なかなかいいバランスの課金システムかなと思います。

3. 絶対話せる!英会話

Android ¥0
iPhone ¥0

アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリ。

11回目以降の音声は、ウェブサイトで無料で聞けるようですね!

コンセプトは、日本にいながらにして英語を使えるようになることを目指しているアプリ。ということで、英語を話せるようになるための具体的な英語学習法と、ネイティブスピーカーの間で実際に使われている生きた英語が、アメリカから更新されているようです!ネイティブ英語のはやりや英会話表現がわかるのは良いですね!

何と言っても無料というのが大きい。

そして、日本人の編集者が日本人の感覚に合わせて英語を解説してくれているのがGOOD!オリジナルな英語関連コンテンツが積み上がっていて非常に読んでいて楽しい内容になっています。

アプリ名に絶対話せる!と謳ってるだけあって、有料級の英会話学習コンテンツがつまった非常におすすめできるアプリです。

4. ライブ英会話(現在サービス停止中)

Android ¥200

※2020年7月時点で、サービスが停止しています

ライブ英会話はネイティブのインタビュー動画から抽出した生きた英語を勉強できるアプリ。

準備されたテキストなどのダイアログだと、非現実的な会話になりがちですが、ライブ英会話はネイティブを道端でインタビューしてそこからフレーズを抜き出しているので、圧倒的に自然な言い回しを勉強できます。

言い回しは、カテゴライズされ、重要度順にならんでいるので、上から順番にマスターしていけば英会話力がつくこと間違いないと思われます。

そして、なんといっても容赦のないスピーキングです。英語学習者向けに丁寧に発音してくれていないため、野生の(?)英語を体感できます。

これは実力がつきそう!

よくニュース番組や、スピーチをみて英語を勉強したりしますがやっぱり発音・発生は丁寧でわかりやすくなっていますよね?ライブ英会話では、一般人の英語なため、癖があったり独特のテンポがあったりでリアルな英語に触れることが出来ます。

おすすめ。

5. 英会話実践の強力なお供-Google translate

Android ¥0
iPhone ¥0

部屋にこもらず実践にでてみよう!Google translateアプリを片手に!

英語は使ってなんぼです。せっかく覚えた英語も言い回しも使わないと話せるようにはなりません。

英会話アプリで学んだフレーズを外に出て試してみましょう!

最悪わけがわからなくなってしまったら、このgoogle translateアプリを使って日本語→英語に翻訳してもらいましょう。

番外編:更にアウトローな実践方法。

外に出て実践と言っても近所に外国人がいない場合もあります。ほとんどの方がそうだと思います。
そんなときは自分が外国人のふりをすればいいんです。

最近中国人の来日も増えていますし、アジア人の見た目で英語を話しても(たぶん)大丈夫です。この方法で日本人、外国人関係なく英会話を話す経験を積んでいきましょう。

実際、Eigoooのマーケティングで渋谷ハチ公前でFreeハグならぬ Free英会話をした時は、ずっと英語だけでみなさんと会話できました。

だれにも疑われること無く!(指摘されなかっただけ?)

またやろうかな!

6. 本気の人の英語学習 えいご漬けMOKA

Android ¥0
iPhone ¥0

えいご漬けMOKAはシャドウイング・トレーニングで、話せるようになるために必要な英語力を身につける、総合型の英語学習アプリです。

MOKAのシャドウイングトレーニングは特許申請されているとのことで!しかも、2014年度 日本e-Learning 大賞「英語スピーキング部門賞」受賞されており、かなり効果が期待できます!

2020年7月23日現在
シャドウイングのトレーニング数: 3,970セット(センテンス数 約30,000)

文法のトレーニング数: 2,229

万単語計の収録単語数: 7,385

お家でお風呂に浸かっている数分をえいご漬けMOKAするだけで、かなりいい感じの発音練習ができました。
コツは盛大に発声することですね!

(反響効果もあって美声に聞こえますし?)

英会話はアプリで鍛えて話せるようになろう!

いかがでしたか?
英会話をアプリで勉強できる気がしてきたのではないでしょうか?

英会話を簡単に分解すると、聞く、話すです。

しかしさらに分解すると
聞き取る、理解する、返答を考える、構文する、発声する。になります。

この一連の流れをトレーニング出来るアプリを使うことで英語でのコミュニケーションが鍛えられます。聞き取りだけ、発声だけに着目した練習をしても「会話」は出来るようになりません。

一連の流れをまんべんなく、たくさん練習することで英語で会話:英会話が出来るようになります。

皆さん一緒にいい英会話が出来るように日々楽しんで英語をつかっていきましょう!  

おまけ:

実は最近はチャットでの英会話の機会が増えているってご存知でしたか?
そんなときは、チャット英会話のエイゴーでコミュニケーションのトレーニングを!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。