ケーススタディ No.3 – 英語で生まれた場所を表現してみよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初対面あるある。英語で住んでる場所を聞かれた後、そこで生まれたか聞かれるパターンです。

生まれた場所を聞かれたとき

Were you born there?

生まれた場所を聞かれたときの答え方

Yes/No クエスチョンですが、どうせならセンテンスの英語で返しましょう。

▶解答例 (Yesに続けて、更に詳細情報も付与!ナイストライです)
Yes. I was born Shibuya.

▶講師添削
Yes. I was born in Shibuya.

  • 【born in ~】~で生まれた/~生まれ。 
    • 生まれた場所以外にも born in 1988 = 1988年生まれ とも言えます
    • ちょっと引っ掛けなのは、先生が Were you born there? と質問し、前置詞inを使っていないことですね。
    • もとの質問のフォーマットを利用して答える場合は、前置詞、冠詞、動詞の活用に注意する必要があります。

前置詞inはたくさんの意味をもってますし、他の前置詞と混同しやすい難敵です。

そのため、前置詞を自然な形で使えるようになるとかなりネイティブ?な英語になると言われています。冠詞(the/a)もそうですね。

≫チャットで英会話が楽しく上達!Eigooo!(エイゴー)無料トライアル

前置詞を自然な形で使えるようになろう!

本記事では、英会話チャットアプリEigooo!でどのように添削されているのか、「前置詞」をテーマに紹介しました。前置詞は多くの英語学習者が最初につまづきやすい範囲です。

「文法も含めて前置詞のミスを添削してほしい!」という方は、Eigooo!で実践的な練習を通して学ぶことができます。

さらに、Eigooo!では、予約不要で24時間・365日いつでもチャット英会話をすることができ、テキストはリアルタイムで講師が添削してくれるので、忙しい方でも英語学習に励むことができます。

トライアルは無料なので、ぜひ試してみてください。

合わせて読みたい

-英作文完全攻略【書き方から添削サービスまで】-
-効率の良い勉強法Tips-
-英語学習4技能を鍛える-
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。